現在検証中のソフトはこちら▼

Black AIストラテジーFX ブラストFX

 

こんにちは♪管理人のYUMEです(^^)

 

今週の初め、北朝鮮のミサイル騒動の影響にて、

ドル円は108円台前半まで落ち込む展開となりましたが、

 

ミサイル報道から数時間後には、

少しづつ回復の方向へと向かい、

ミサイル騒動から3日後には110円台まで回復しています。

 

ミサイルのような「地政学的リスクが市場に与える影響は大きく、

今後も投資家は十分な警戒が必要と思われます。

 

しかし、いくら暴落したと言えども、

永久的にレートが下がり続けることはまず有りません。

必ず何処かで区切りが付きます。

 

今回は、ドル円暴落から、2日後の「戻し狙い」の戦略を公開します。

 

はっきり言って、

ブラストFXは、押し目買いに非常に特化しています。

トレンドの底からロングで攻めてみた!

こちらが、その時の検証&実践画像です

ドル円 +50pips

 

この時はユーロ円でもロングで利食い。

毎回では有りませんが、クロス円は似たような動きになるので、

 

ドル円が一方にブレイクすれば、

他のクロス円にも影響します。

ちなみに、ドル円はクロス円ではなくドルストレート。

 

そしてこちらは、ほぼ同じタイミングでトレードしたユーロ円▼

ユーロ円 +51pips

 

結局、この時のトレードで101pipsを獲得しました▼

 

今回のような「地政学リスク」に限らず、

下落した相場が元のレート(※下落する前のレート)に修正しようとすす動きは、

為替では良く有る事です。

 

正直、下落直は、相場がかなり膠着した状態が続きましたが、

上値抵抗を抜けた途端に、ドル円は上昇したので、

直ぐにロングで入るのではなく、暫く様子を見た事が利益に繋がったと思います

(^^)

ブラストFXは、トレンドの底を判断しやすい!

 

相場には、必ずトレンドの底、天井が存在します。

FXでお金を稼ぐには、この天井と底を判断していく事がとても大切です。

 

チャート上には相場の節目となる部分が幾つも存在しますが、

中でも、トレンドが大きく転換するタイミングを見極める事は、

 

その後のトレード戦略に大きく影響するので、

私は、常に注意深くローソク足の動きを監視するようにしています(^^

ブラストFXの「AIアナライザー」なら、トレンドの底が丸見え!!

ブラストFXには、サブインジケーターとして

「AIアナライザー」なるものが付属してきます。

 

 

赤ライン=短期

黄色ライン=中期

 

この2本のラインの事を、恐らくADXの類でしょうね。

ADXは、トレンドフォローに特化したロジックを有するテクニカルなので、

 

ブレイクや、押し目を狙うには

ブラストFXの逆張りサインと相性が良いのです。

 

一旦下落したドル円が再び方向転換すれば、

必ず他の通過にも影響しますので、

 

私は、トレードをする際は必ずドル円の動きを見ておきます。

最低でも日足レベルでチェックします。

 

世界の基軸通貨がドルである以上、

投資家はドルの値動きの推移に非常に敏感です。

 

ドル円の動きをしっかり押さえておくだけでも、

投資の勝率が飛躍的にアップすると思います

 

時に今回の様な、暴落⇒持ち直しのタイミングを判断することは

非常に大切ですね。

 

トレンドの転換をしっかり判断出来るブラストFXは、

今後も重宝しそうです(^^)

 

ブラストFXの詳細はこちら