今回は以下の商材になります

Quartet Technic Academy

【講師】松田和也さん

【手法】逆張り

【トレードスタイル】スキャルピング

→販売ページはこち

 

最近話題のこの「Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)」

当サイトにも多くのお問合せを頂いております。

内容的には「短期スキャルピング」ですね。

講師を務めるのは松田和也さんというお方です。

あの和也氏が情報業界に挑戦??

 

この方、実はご存じの方もいらっしゃるかと思います。

私も彼の存在はSNSを通して知っております。

 

彼はFXトレードは元より、セミナー活動などにも積極的に取り組んでいるようです。

 

実は私は和也氏のこうした活動を

SNSを通して以前に拝見しておりました。

現在、和也氏の教え子は1000人を超えるようです。

 

彼の動画を以前に何度か拝見させて頂きmasitaga,

彼の教え方は相当熱意のあるタイプの教え方だと思います。

教え子が1000人もいるのであれば

講師としては申し分ないのかもしれません。

肝心の手法は??

以下が和也さんが公開する「4っの手法」の内容になります▼

  • クロスストラテジー
  • デサイドストラテジー
  • トレンドストラテジー
  • ファイナルストラテジー

 

以上4っが主流となり、このうち最もチャンスが多いのが「クロスストラテジー」でしょうね。

最後の「ファイナルストラテジー」に関しては一番チャンスが少ないですが、

トレンドの方向さえ掴めれば利益に繋がり易いロジックです。

 

以下がロジックの内容詳細です

 

和也氏の手法は逆張りスキャルです。

異なるスパンのMAと、マルチタイムフレームを活用した手法。

決して難しい手法ではありません。

Quartet Technic Academyの詳細を見てみる

 

正し、デイトレードならともかく、

短期スキャルでMAを中心にエントリーを判断していくのことは、

やや困難な部分があると思われます。

なぜならば、MAは短期フレーム程ダマシが多いからです。

 

最も、ブラストFXもMAを使用しますが、

AIアナライズと並行して使用しますので、

ダマシを回避する事に繋がるのです。

 

しかし、和也氏の手法は決して悪くは無いので、

ラインを追加するなどすれば問題無くロジックを相場で生かす事が十分可能です。

1回のエントリーに対しての目標利益は?

5~10pipsの利益を1日に何度か狙っていきます。

 

Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)の手法は短期スキャル。

1度のエントリーで大体5~10pipsを狙っていく感じですね。

 

エントリーチャンスが来たらその都度エントリーを仕掛けるタイプ。

まぁ。5~10pipsと言えども、

そう簡単にエントリーチャンスが来るわけでもありません。

相場次第です。

初心者でも稼げるのか?

FX初心者が、例え目標利益が5pipsと言えどもそう簡単に稼げる程甘くはありません。

むしろ、ポジション持つならやや長めに持ったほうが精神的にも楽です。

 

一見、スキャルピングはエントリーチャンスが多く、

短期間で儲かるようなイメージですが、

その反面、リスクもエントリーごとに倍増します。

 

仮に5回のエントリーで25~30pips取ったとして、

最後のエントリーで全部の利益を溶かしてしまう事なんてザラです。

勿論、損切を入れておけば問題はありませんが、

損切は浅すぎてもダメなので適度な対応が必要になってきます。

 

しかも、和也氏が推奨するロジックで、

初心者が5~10pips取るのは相当練習が必要になるでしょう。

 

移動平均線(MA)は先にも述べたようにダマシが多く、レンジでは上手く機能しません。

 

Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)の手法は

レンジでも使える手法ですが、

余りにも方向が不安定なレンジ相場ではエントリー判断が困難です。

なるべくなら、長期足でトレンドが出ている事を確認しましょう。

とにかくMAの使い方に慣れる事の方が先決ですね。

あなたが学べる内容とは?

 

全体的にボリューム感を感じるコンテンツです。

手法動画は4~6本程度ですが、

それ以外のFXの基礎知識や、他の教材では公開されていないようなコンテンツ動画も目立ちます。

 

 

 

手法に関する動画は全部で1時間程度でしょうか?

やや短い気もしますが、

彼の手法がどんな手法なのかをザッと把握できるので

この方がスムーズに手法を理解出来ると思います。

 

結局教材を通して何を学べるのかというと、

  • MAを通してトレンドの判断の仕方
  • 逆張りスキャルのエントリーのコツ
  • 資金に応じた適正なロスカット

 

大体こんな所でしょうか?

内容的には決して悪くは無いと思います。

 

ただし、元々スキャルピング自体初心者向けの手法では無いので、

手法に慣れるまである程度の練習が必要になると思います。

 

また、コンテンツ内で和也氏が推奨する「エリオット波動の攻略法」は、

決して彼のオリジナルではありませんが、

知っておくと大変有利になると思います。

詳しく見てみる